FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミミのパートナーを潰せ!(3)
股間クロー!

失神した大空ひかるを逆片えび固めに捕えるジ・エクスキューショナー。怪力でひかるの背中を絞り上げる。
さらに、軽く200kgは超えるであろう握力でひかるの股間を鷲掴みにする。

悶絶、ひかる

汚れを知らぬ乙女の秘部が万力のような怪力で締め上げられる。
股間を襲う凄まじい激痛に、意識を取り戻す大空ひかる。

「えっ何? あぅーー!」
「はっはっは、気が付いたか? どうだ、俺のアイアンクローは?」
「いやっ、痛い、痛い! お願い、止めてーー!」

リフトアップ

ジ・エクスキューショナーの猛攻は止まらない。大空ひかるの股間と胸を握りしめてのリフトアップだ。

「お願い、もうあそこと胸を責めるのは止めて!」
「まだまだ、これからだぞ。」
ひかるの哀願を無視して、さらに両手に力を込めるジ・エクスキューショナー。
「おりゃーー。」
ギュッ、ギュッ、ギュッ。
「痛い!痛い!痛い!」

「はっはっは。良い声で鳴くじゃないか。こんなかわいこちゃんを、リングで好きなだけ痛めつけることができるなんて、やっぱりWSMは最高だぜ! メジャー団体トップの座を棒に振って、参戦した甲斐があったぜ。」

デッドリー・ドライブ

高々とリフトアップした大空ひかるをデッドリー・ドライブで投げ捨てるジ・エクスキューショナー。積み重なったダメージで受け身を取ることすらままならない大空ひかるが、2メートルをはるかに超す高さから危険な角度でマットに叩きつけられる。

もうこれは試合とは呼べない、一方的な私刑だ。このままでは、ひかるのレスラー生命のピンチだ。お願いだから、もうこれ以上は止めてくれ!
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
ミミのパートナーを潰せ!(2)
強烈、ベアハッグ!

渾身の力を込めて、大空ひかるを締め上げるジ・エクスキューショナー。
「おうりゃー!」
ギシギシ、あたかも背骨を砕かれるような苦痛がひかるを襲う。
「あぁ、ああぁ!」
必死に絶えてきたひかるだが、遂には体の力が抜けぐったりしてしまう。

失神、ひかる

ジ・エクスキューショナーの執拗なベアハッグ攻撃。完全に失神して、マットに大の字に横たわる大空ひかる。

「まだ、おねんねするのは早いぜ、お嬢ちゃん。これから、たっぷりかわいがってやるぜ。ハッハッハ。」

試合としては、完全に決着はついたはず。これ以上何をしようというのか。このまま『デーモン・クロー』の思惑通り、潰されてしまうのか。誰かひかるを助けてくれ!
ミミのパートナーを潰せ!(1)
覚悟なさい!

大空ひかるvs.ジ・エクスキューショナーのシングルマッチ。

デビューしたばかりの新人、大空ひかると『デーモン・クロー』屈指の実力者、ジ・エクスキューショナーの対戦は、いかにも実力的に無理がある。きたるWSM公式タッグ戦でパンサー・ミミのパートナーの有力候補の大空ひかるを、先に潰してしまおうという『デーモン・クロー』の悪意が感じられる。

しかしながら、ひかるにとってもジ・エクスキューショナーは願っても無い相手。慕っている先輩レスラーSAYURIを負傷欠場に追い込んだ仇敵にリベンジのチャンスだ。

「この前は、SAYURI先輩をよくもやってくれたな。今日はたっぷりとお返しするぞ! 覚悟なさい!」
(でもこの人、大きい。。。本当に勝てるのかな?)

ローキック!

”巨漢レスラーの下半身を攻めろ”コーチでもあるSAYURIの教えに忠実にローキックを放つ大空ひかる。

「えいっ!」
「ぐはっ!」
ビシビシと、ジ・エクスキューショナーの太腿の裏側にひかるのローキックがヒットする。

「私だって『エンジェル・ナイツ』の一員なのよ。あまりなめないくれる?」

タックル

大空ひかるの攻勢も束の間、巨体に似合わぬ素早さでジ・エクスキューショナーのタックルがひかるを捕える。

「きゃっ、しまった!」

ベアハッグ!

組み合ってしまうと、パワーの差は絶望的だ。丸太のような腕でひかるをベアハッグに捉えるジ・エクスキューショナー。

「どうだ?苦しいか?」
「ぐうぅ。ま、負けるもんか!」
(苦しい、でもSAYURI先輩のためにも負けられない。それに、これでギブアップするようじゃ、とてもミミ先輩のパートナーなんて務まらない。)

「ほーら、もっと泣き喚きな。」
ギュッ、ギュッ、一層力を込めるジ・エクスキューショナー。
「あうっーーー!」
「はっはっは。良い声だ。女子レスラーを好きなだけリングでいたぶれる。これだからWSMはやめられないぜ。」

危うし、ひかる!果たして地獄の抱擁から脱出できるのか?
大空ひかるデビュー戦
ヘッドロック

今日は大空ひかるのデビュー戦!相手はドン・ポーゴ。
デビュー戦とはいえ、パンサー・ミミやSAYURIにこれまで、しっかり鍛えられてきたひかるは、ドンを圧倒。ヘッドロックで締め上げる。
「これで、どう?」
(男子レスラーって、意外とたいしたことないかも。)

「く、苦しい~。」
(でも、ひかるちゃんのおっぱいが顔にあたって気持ち良い~。)

少し羨ましげなレフリー保座四郎。
「ドン、ギブアップ?」
(ドンの奴、痛そう。でも少しうらやましいぞ。)

ジャーマン炸裂

「えいっ!」
(やった!練習通り決まった♪)
試合後半、ひかるのジャーマンが炸裂!

「ワーーーーーン、ツーーーーーーゥ。」
いつものようにベビーフェースのフォールのカウントが異様に遅い保座四郎。
「ちょっとお。レフリー、カウント遅~い。」
「むっ、新人のくせに生意気な。触っちゃうぞ。」
ひかるの股間に手をはわせ、さらに指を押し入れようと動かす四郎。

「きゃーーーーーーーっ!!!」
絹を裂くようなひかるの悲鳴が会場中に響き渡る。

ほろ苦いデビュー戦

「うぅ、こんなの酷い。。」
リング上で泣き崩れるひかる。
「ごめ~ん。でも、君のKO勝ちだから。」
さすがに保座四郎もばつが悪そうだ。

大空ひかる、KO勝ちを収めたものの、ほろ苦いデビュー戦となった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。