FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンディキャップマッチ(4)
吹き矢

ジャイアント・ベヒモスと激闘を繰り広げるレディ・サンダー。

相手は二人、常に敵のパートナーにも注意が必要なのだが、敵コーナーと距離があるし、何より眼の前のベヒモス相手に一瞬も気を抜くことは許されない。

背中に隙のできたサンダーをデビル・クラウンの吹き矢が狙う。
「さすがにレディ・サンダー、強いですね~。でも、これまでです。」

シュッ。

命中

プスッ。
レディ・サンダーの背中に突き刺さる妖しい針。
「何? あああっ!」
一瞬ちくりとした背中の痛みの後、全身を襲う雷に打たれたかのような激痛。

立てない!

がっくりと腰を落とすレディー・サンダー。必死に立ち上がろうとするが体が言うことを効かない。呼吸をするのも苦しげだ。

「はあっ、はあ。いったい何をしたの?」

「フフフ、この針の先には、特別なお薬が塗ってあるんですよ。まあ、軽い神経毒としびれ薬のブレンドって所でしょうか。あっ、心配しないでも良いですよ。一週間もすれば普通に動けるようになりますから。」
得意げに毒針の解説をするデビル・クラウン。

「卑怯者!2対1でも正々堂々勝負できないの?」

「何とでもお言いなさい。そうそう言い忘れてましたが、強烈な媚薬もしっかり入ってますから。美しいレディへの私からのスペシャルサービスです。」

「どこまで卑怯なまねを!」
唇をかむレディ・サンダー。

2対1のハンディの上、毒針攻撃で体の自由を奪われたレディ・サンダー、絶体絶命! これから、いったいどうなる?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
ハンディキャップマッチ(3)
フルスイング

腕を極められたまま、レディ・サンダーの体を持ち上げたジャイアント・べヒモス。渾身の力を込めてフルイング、サンダーの体を高々と放り投げる。

着地

空中で体を一回転、トップロープ上へ見事着地するレディー・サンダー。凄まじい運動神経だ。

一瞬静まり返る場内。直後に感嘆の大歓声が湧き上がる。

飛び蹴り

トップロープ上のサンダーめがけて突進するべヒモスに、鮮やかな飛び蹴りが、またもやカウンターで炸裂!ベヒモス、2度目のダウンだ。

自分の体重の5倍はあろうかという巨漢レスラー相手を、互角どころか徐々に追いつめるレディ・サンダー。

強いぞレディ・サンダー!このままジャイアント・ベヒモスを倒すんだ!
ハンディキャップマッチ(2)
間一髪

ジャイアント・べヒモスの突進を間一髪でかわすレディ・サンダー!
替わりにべヒモスの豪腕の直撃を受けたのは、リングアナ。リング外まで吹き飛ばされてしまう。

膝蹴りヒット!

圧倒的なパワー差、捕まれば一巻の終わりだ。なんとかサンダーを捕えようとするべヒモスだが、その度にするりとかわされる。
「この野郎、ちょこまかと。」
強引にサンダーを捕まえようとした瞬間。

べヒモスの懐に飛び込んだレディ・サンダーの膝蹴りがカウンターでヒット!

マットを震わせて、崩れ落ちるべヒモスの巨体。

腕ひしぎ逆十字

(ウエイト差をカバーするには、ダウンさせて関節技で攻めるしかない!でも、この太い腕に効くのかしら?)
レディ・サンダーの腕ひしぎ逆十字固めが炸裂!

「ぐおおっ!」
苦痛にうめき声をあげながらも、極められたまま左腕を持ち上げるべヒモス。
ハンディキャップマッチ(1)
選手紹介

レディ・サンダーの対戦相手は、WSM最大、正に規格はずれの巨漢、ジャイアント・べヒモス。今日は2対1のハンディキャップマッチと聞いていたのだが。
(私のパートナーは誰? どこにいるのかしら?)

レディ・サンダーのパートナーが姿を見せぬまま、リングアナのコールが始まる。
「赤コーナー、135ポンド。蒼い稲妻、レディ・サンダー!」

「青コーナー、『デーモン・クロー』所属。ジャイアント・べヒモス アーンド デビル・クラウン!」

(何、いったいどういうこと?)

デーモン・クロー

コールを受けて、リングインするデビル・クラウン。

何と今日のハンディキャップマッチ、二人組なのはべヒモス側だったのだ!

リング下、セコンドにつくのは、『デーモン・クロー』のリーダー。デーモン・レイカ。
(今日は、レディ・サンダーとやらの実力見極めさせてもらうよ。もし、危険な存在ならミミたちに合流する前に叩き潰さないといけないからね。)

抗議

激しくリングアナに抗議するレディ・サンダー。
「どう考えても、向こうが二人っていうのはおかしいでしょ?いったい、どういう事?」

「そんなこと言われても。私は言われた通りコールしただけなんだけど。」

サンダーの抗議中にゴングが打ち鳴らされる。
「うおおっ!」
サンダーの背後からの巨漢べヒモスの急襲。

危ない! レディ・サンダー!
屈辱のコスチューム
ほとんど全裸(^^;

女子レスラーのコスチュームを最終的に決めてるのは、助平オーナーOTTO。いったいどんなエッチなコスチュームを着せられるのか? 選手たちが特に戦々恐々とするのはビキニ着用の試合を義務付けられた月一回のビキニ・デー。

今月のビキニ・デー。WSM社長兼現役レスラーの澤上マリがオーナーに強要されたのは、水着と言うより局部を覆う極小の布切れだった! 選手たちをかばうため、普段からオーナーと衝突することの多いマリへのいやがらせだ。

「社長、一応ルールですから、ボディチェックさせてもらいますよ。うへへ。」
(うっひょう! ほとんど裸じゃん! たまんねえな。)

「馬鹿言ってんじゃないわよ! これのどこに凶器が隠せるって言うのよ!」
いつもの冷静沈着さを失い、レフリー四郎をどなりつけるマリ。
(くっ、オーナーの腹いせね。動くと取れそうなんだけど、こんなんで試合できるのかしら?)

最近また、Mayadoll用の有料の衣装をいくつか買ったので。早速、そのうち一番エッチな奴をマリに着せてみました(^o^)。
磔!聖乙女
シスター・ジャンヌ

ジャンヌ・ミラージュのシスターVer.、シスター・ジャンヌ(^^;。

いつもこの格好のままあまり酷いことすると、罰が当たりそうで恐れ多いので、今回は特別編ということで(^^;

元は別のレスラーのピンチシーンだったのですが、ロープに絡まれてる姿が磔っぽかったので。やはり磔といえば、『マットの聖乙女』ジャンヌみたいな感じで一枚レンダしてみました。
社長秘書もプロレスラー(^^;
エミー南条

リングネーム・・・エミー南条 B97 W64 H88
ハーバード大卒の才媛。社長秘書、通訳、海外団体との交渉役を兼任するビジネスウーマン。

愛人になってくれという申し入れを断られた助平オーナー(OTTO)のいやがらせで、格闘技経験が無いにもかかわらずレスラーとしてリングに上がることに。生来の真面目さでトレーニングを積み、急速に実力をつけつつあるが、プロとしてはまだまだ。

溢れる知性とはち切れんばかりの巨乳のアンマッチに、男性ファン急増中。試合中は眼鏡ははずします(^^;。

元のPoserフィギュアは、はぶさんの阿丹子用の髪をMariaちゃんに被せて、胸を大きくしたものです。
WSM社長は現役レスラー!
澤上マリ

リングネーム・・・澤上マリ B86 W57 H85
現WSM社長にして正規軍リーダーの現役レスラー。パンサー・ミミらの4期先輩にあたり、WSMトップレスラーであったが、一旦引退、フロント入りして社長を務めていた。団体新オーナー(OTTO)の意向で現役復帰を果たす。

社長とはいえ、まだ20代の若さ。一時的な引退前と比べても、美しいプロポーションに益々磨きがかかっている。全盛期の動きを取り戻しさえすればWSMでもトップクラスの実力のはずだが、多忙な社長業との兼務でトレーニング時間もなかなか取れず、スタミナとパワーに不安を残す。

所属レスラー思いの性格であり、ミックスマッチ導入や露出度の高いコスチュームを強制するオーナーとは、衝突することもしばしば。また、経営会議と称して二人きりの個室で、助平オーナー(OTTO)からセクハラを受けそうになるがことごとく拒絶。これらの事情でオーナーから逆恨みを買っており、オーナーから『デーモン・クロー』の新たな標的とするよう指示が出てる噂も。。。
レスラー増えすぎたので、設定追加しました。
私のPC上では、日々レスラー増殖中でして、特にベビーフェースがどんどん増えてます。まさか全員『エンジェル・ナイツ』に入れる訳にもいかないので、WSM正規軍ってのを考えてみました。

WSMのベビーフェースの勢力は
①WSM正規軍・・・正規軍本体に所属するレスラーと、未だ他のどのチームにも属してない若手レスラーや他団体/海外からWSMに参戦したばかりのレスラーがメンバー。人数的には最多を誇るが、チーム/軍団というより緩やかな共同体。

②チーム『エンジェル・ナイツ』・・・WSMのエース、パンサー・ミミをリーダーとする少数精鋭の正統派レスラーチーム。藤波辰巳選手の『無我』みたいな感じでしょうか。現在、NO.2SAYURIの欠場とミミの左足負傷で戦力低下中。

③チーム『オセロッツ』・・・ミミをライバル視する早乙女はるか率いる過激なストロングスタイルを掲げる多国籍レスラーチーム。

④欧州レスラーチーム・・・リーダー格のアイリーン・ローレスンスのヒール転向でチームとしての機能は失いつつある。

⑤フリー・・・一匹狼。スノー・ホワイト、レディ・サンダーなど。ただ、レディ・サンダーは他のベビーフェースとのタッグにはこだわり無く応じている様子。

どうして正規軍がこれまで出てこなかったのか?
プロレスの本場であるアメリカ、メキシコをサーキット中だったからという設定にしました(^^;。試合をしながらアメリカ、メキシコのメジャー団体と選手招聘の交渉をやっていたのです。交渉の結果、招聘第一号が”アステカの牝豹”エスメラルダ選手。アメリカメジャー団体との交渉は現在、難航中。
私がアメリカ人レスラーあまり準備してないだけですが(^^;。

正規軍の海外遠征からの復帰で、WSMマットはこれからどう変わるのか?
マスクウーマンへ変身
英国出身の令嬢レスラー、ローレンス姉妹。
姉アイリーンのヒール転向で別々の道を歩むことに。これを機に二人ともマスクウーマンへ変身。

ダークキャット・アイリーン

リングネーム・・・”ダークキャット”アイリーン B88 W64 H88
姉アイリーン・ローレンスのヒール転向後の姿。ベビーフェースのままではチャンピオンのパンサー・ミミと闘えないため、ヒールへ転向、『デーモン・クロー』入りを果たす。ランカシャーレスリングの使い手で、レスリングの技術はWSM一。ややラフファイトや反則に脆い面もあったが、ヒール転向で完全に弱点を払拭。デーモン・レイカらと並び、WSM最強レスラーの一角を形成する。

ワンダー・バニー

リングネーム・・・ワンダー・バニー B86 W64 H86
妹アリス・ローレンスがマスクを被って、ワンダー・バニーに。愛らしくもセクシーな兎の姿に、ちびっ子からエロ親父まで幅広いファンが虜に(^^;。常にマスクを被ってるわけではなく、武藤敬司とグレート・ムタのように、試合によって素顔のアリス・ローレンスとワンダー・バニーのキャラを使い分ける。
タッグリーグ戦とかやりたいなあ
世間ではサッカーワールドカップが開幕、盛り上がりを見せてますが、サッカーに限らずスポーツの試合には、やはりリーグ戦やトーナメント戦がかかせません。格闘技、プロレスの世界でも、タイトルマッチなど一試合毎の大試合ももちろん重要ですが、K-1やPRIDEなど公式トーナメント戦が年間の最大のイベントとなっているケースが多いですよね。

我がWSMでもタッグリーグ戦とかやりたいなあ、なんて考えてます。

例えば、ミミのチームのいる予選リーグにはミミ潰しのための強豪チームを集めて”死のリーグ”にするとか。
意外な組み合わせのタッグ編成を楽しむとか。

いろいろ妄想だけは先行してるのですが、試合数も増えそうで全部の試合を描くことはできないし、この辺をどうしたものか思案中です(^^;。
蒼い稲妻
レディ・サンダー

リングネーム・・・レディ・サンダー B90 W60 H87
正体不明のマスクウーマン。打撃、レスリング両方をこなすオールラウンダー。WSMでは現在、どのチーム、軍団にも属さないフリーの立場。これまでは一線級との対戦が少なく、その実力はベールにつつまれてるが、相当の実力者の模様。髪、肌の色からは正体は東洋人とも噂されるが、右眼は鮮やかな蒼色をしており、その正体は謎である。

10年ほど前の女子プロレス小説『レディ・サンダー』シリーズより、レディ・サンダーを再現してみました。右眼が蒼い設定は、原作に合わせてます。本サイト登場時より、少し胸を大きくしました(^^;。
純白のブリザード
スノー・ホワイト

リングネーム・・・スノー・ホワイト B86 W65 H90
ミミたちのピンチに疾風のように現れて、敵を蹴散らす謎のレスラー!。正体は、ミミの同期レスラーの雪風瑞穂。青年実業家と婚約、引退したはずだったが、ミミたちのピンチにいてもたってもいられなくなり、緊急参戦を果たす。

ベースフィギュアはYAMATOさんのTenten。せっかくの美人なのに、顔隠してもったいなかったかな。
『標的はチャンピオン』終了です(^^;
ニーパット

『標的はチャンピオン』なんとか終了しました。
ミミを助ける役は、誰にやらせるか迷ったのですが、ストーリー性も考えてスノー・ホワイトにしました。本当なら、チームメイトのキューティー・タイガーやひかるに救出させても良かったのですが。いったい、彼女たちは何やってるのやら(^^;。

この試合でミミは左膝を負傷したということで、以後、星マークのニーパットを付けさせようと思ってます。なんだか、ここが弱点よって言ってるみたいですが(^^;。

ミミの試合シーンと並行して新キャラもいろいろ作ってたのですが、レスラーたちの編成にいろいろ頭を悩ませてます。
『エンジェル・ナイツ』には団体生え抜きって感じの若手を入れようかなとか。
『オセロッツ』にはSキャラの入った実力派を集めようかなとか。
他にも、いかにもコスプレっぽい怪しい(笑)レスラーが数人。このコスプレ娘たちは、いったいどういう扱いにするか?

こうしたレスラーたちの編成、設定考える作業も楽しいですね(^o^)。
ベビーフェースばっかり増えちゃったので、そろそろヒールも増やさないと。
標的はチャンピオン(6)
スノー・ホワイト

3対1で延々と弄られる、パンサー・ミミ。絶体絶命のピンチだ。

その時、アリーナの通路を一陣の白い旋風が!
白尽くめの謎の覆面レスラーが、トップロープを跳び越えてリングイン。

強いぞ、スノーホワイト

あっという間に、ドン・ポーゴとナイトメアを蹴散らす謎の覆面レスラー。

「貴様いったい何者だ?」
「私は、スノー・ホワイト! これ以上ミミには、指一本ふれさせないわ。」
「ふん、ミミを痛めつける目的は果たしたからね。今日のところは引いといてあげるよ。だが、覚えときな、スノーホワイト。今度リングで会う時は、『デーモン・クロー』に楯突いたこと、たっぷりと後悔さえてやるよ。」

共闘?

ヒール軍団の去ったリング上で、向き合うパンサー・ミミとスノー・ホワイト。

「ミミ、大丈夫?」
「貴方、瑞穂ね?今頃ハネムーン中じゃなかったの?」
数ヶ月前に結婚のため引退したはずの同期レスラーの名前を口にするミミ。
「これ以上貴方や、『エンジェル・ナイツ』のメンバーがやられるのをじっと見てられないの。私にもいっしょに闘わせて!」
「だめよ、貴方の復帰は許さないわ!」
差し出された、スノー・ホワイトの手を振り払うミミ。
「・・・くっ、良いわ。じゃあ私は勝手にやらせてもらうわ。」

申し出をありがたく感じつつも、親友の引退後の幸せな生活を願い、心を鬼にして共闘を断るパンサー・ミミ。

左膝に大きなダメージを負ったものの、WSMの看板レスラーであるパンサー・ミミには試合欠場は許されない。SAYURIも負傷欠場中でまさに満身創痍の『エンジェル・ナイツ』。いったい、これからどうなるのか?

標的はチャンピオン -完-
標的はチャンピオン(5)
凶器攻撃

再び、男子レスラー二人掛かりで抑えられるパンサー・ミミ。
「パンサー・ミミの胸を触れるなんて夢のようだ。」
背後からミミの胸を揉みしだく、ドン・ポーゴ。
「柔らかいなあ。手に吸い付くようだ。ほっほっほ。」
「くうっ、離しなさい。」

ララ・ザ・クラッシャーがリングに持ち込んだのは、試合用のゴングだ。

凶器攻撃(2)

「そりゃっ!」
力まかせにゴングを振り下ろすララ・ザ・クラッシャー。ゴングの金属部分がミミの膝頭にまともに当たる。

グシャッ。何かが潰れたような音が響く。
「が!ぐあっ!」


「しまった、ちょっとやり過ぎたかな?レイカには完全に壊しちゃダメって言われてたんだけど。まっ、良いか。」

ミミ悶絶

「ああっ!」
(私の左膝が。。。)
あまりに苦痛にうめき声を上げ、左膝を抱えて悶絶するパンサー・ミミ。

「これだけ痛めつけとけば、チャンピオンベルトはもう私のものに間違いないね。ふふふふ。」


触り放題

「さあ、お前たち、好きに触って良いよ。」
ミミの両腕を踏みつけるララ。

「今度は俺にも、胸を触らせろ。どうだ、おっぱいクロー!」
両手でミミの胸をぐしゃぐしゃに揉みまくるナイトメア。

「じゃあ、僕は股間を触っちゃおう。ほれほれ。」
ドンはミミの股間に手を這わすと、揉んだり、擦ったり、指を突き立てたりやりたい放題だ。

「ああっ、貴方たち止めなさい。」
徹底的に痛めつけられ上、両手を封じられたミミにはなすすべも無い。

チャンピオンが、観客の前で良いように体を触られまくる屈辱。
(こんな奴らに体を。く、悔しい。)

このまま、卑劣なヒールに屈してしまうのか。立ち上がれ、パンサー・ミミ!
標的はチャンピオン(4)
ミミを押さえつけろ

「さあ、しっかり押さえときな!」
ダメージが色濃く残るパンサー・ミミを二人に押さえさせて、トップロープに上るララ・ザ・クラッシャー。

「うひょっ、チューしちゃおうかな。」
どさくさにまぎれて、ミミに抱きつくドン・ポーゴ。

フットスタンプ

「それっ!」
ロープ最上段からのララのフットスタンプがミミの左足を襲う。

グキッ!ミミの左膝の間接がいやな音を立てる。
「ぐはっ!」

ニークラッシャー(1)

ヒール軍団の猛攻は止まらない。
左膝を抱え、ミミの体を高々と持ち上げるナイトメア。

ニークラッシャー(2)

椅子の上への強烈なニークラッシャーだ!
「ううっ!」

どうやらヒール軍団はターゲットをミミの左足に絞ったようだ。
標的はチャンピオン(3)
ストンピング

不意を付かれて、ダウンしたパンサー・ミミを襲う三人がかりのストンピングの嵐!

ミミの胸に狙いを定めたのはドン・ポーゴ。ストンピングの後、さらに胸を押しつぶすようにぐりぐりと踏みにじる。
「チャンピオンの胸、すげー弾力、靴の裏からでもわかるぞ♪ そりゃっ、ぐりぐり!」
「ううっ!」
「そりゃっ、ぐりぐり!」
「ううっ!」

グロッキー

三人がかりの執拗なストンピング。何十発いや何百発踏みつけられたのか。深いダメージを負い完全にグロッキー状態のパンサー・ミミを取り囲むヒール達。

「どうしたミミ、これで終わりか?」
吠えるナイトメア。
「おおっ、チャンピンもう動けないぞ。こりゃ触り放題だな。」
助平な笑いを浮かべるのはドン・ポーゴ。
「まだまだ、序の口だよ。私はレイカと違ってお前のベルトを狙ってるからね。今日は徹底的に痛めつけさせてもらうよ。」
ララ・ザ・クラッシャーはまだまだ痛めつけ足らないらしい。

(くっ、こんな奴らに負けるわけにはいかない!)
必死に立ち上がろうとするミミだが、体が言うことを効かない。

我らのチャンピオン、パンサー・ミミの大ピンチだ!がんばれ、こんな卑劣な奴らに負けるな!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。