FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aブロック 1回戦 第1試合(4)
ナース・レイカ登場!


「なつき! 今、助けるわ。」
痺れ薬を飲まされ体の自由を奪われながらも、健気にパートナーの救援にリングインする立花すみれ。
「えっ?」
その首に背後から絡みつくのは、ナース姿のデーモン・レイカだ。
「なんだか体調が悪そうだねえ。そんな状態での試合は、ナースとして許すわけにはいかないねえ。ほっほっほ。」

選手としての参加に加えて、WSM公式タッグトーナメントにリング・ドクターならぬリング・ナースとしても参加しているのだ。選手の負傷を応急処置するためと言うのは、もちろん建前(^^;。常時リングサイドに陣取って、自在に試合に乱入してトーナメントの流れを支配する目論みなのだ。

レイカの格闘テクニックは超一流。頚動脈に当てた手首に力を込めると、すみれをあっという間に絞め落とす。
「あうっ!」

油断しちゃダメよ。


「あんた達、油断しちゃだめよ。この娘、リングインして相棒を助けようとしてたわよ。」
「こやつめ、痺れ薬飲ませて動けないと思ってたけど。危ないとこじゃった。」
「これで、流石にあんた達だけも大丈夫ね。後は好きにしなさい。」
「レイカさん、すまんのう。恩に着るぞ。」

失神した立花すみれを後にリングを去るデーモン・レイカ。

すみれの下半身を触りまくれ!


「おおっ、すべすべ、ぷりぷり。まるでゆで卵の様じゃ。マイクロビキニのパンツを穿かせたのは大成功じゃったのう。」
意識のないすみれのお尻を触りまくるマグニフィセント・権三。
「意識の戻らない内に、あそこにも悪戯してやろう。」
すみれの秘部に右手を当てると、すりすりと撫で回し、さらに揉みまくる権三。
「むふふふ、パンツの隙間から指をこじ入れてみようかの。」
グリグリグリ。まさにやりたい放題だ。

ツープラトン・ボー&アロー

一方、なつきに対するZAKO1号、2号の責めも止まることを知らない。
ツープラトンのボー&アローでなつきの背骨を締め上げる。この2人、一人一人は三流レスラーなのだが、連携攻撃だけはなかなか侮れない。
「相棒! もっと力を入れろ!」
「そりゃ、そりゃ! どうだ、苦しいか。」

「うぐうぅっ!」

ギブ・アップ?


「この角度だと、なつきちゃんのコスって本当に無防備だよねえ。」
なつきの胸のコスチュームの内側に手を這わすドン・ポーゴ。
「何? ニプレスしてるの? ええい、とっちゃえ。」
「ち、ちょっと! 何するの?」
「それっ、モミモミモミ。」
「止めて! 触らないで!」
なつきの生乳房を触る興奮のあまり、暴走の止まらないドン。
「おおおおっ! なつきちゃんの生おっぱいサイコーーー! よーーし、乳首をつねっちゃえ!」
「痛い、痛い!」
なんと、なつきの左乳首を、思い切りつねりあげるドン。

ギュッギュッギュッ。ZAKO1号、2号もさらに、その足に力を込める。

「もうダメ。。。ギ、ギブ・アップ。ギブ・アップよ。放して、お願い。」
身体を徹底的に痛めつけられ、さらに観客の前で胸を触られまくる屈辱。心身ともにボロボロにされ、遂に心が折れたのか? 河村なつき。

「えっ、何? 聞こえないねえ。」


ギブ・アップさえ許されない、リング上の一方的な攻撃。戦闘能力を完全に失ったC.C.ドールズに対する、延々と続くセクハラ地獄。もう無理だ。お願いだから、試合を止めてくれ!
スポンサーサイト
[PR]

Aブロック 1回戦 第1試合(3)
3人同時に飛び掛れ!

リングインしたZAKO1号、2号。ドン・ポーゴと3人で河村なつきを取り囲む。

「良いな、3人同時に飛び掛るんじゃぞ!」
コーナーから指示を飛ばすのはリーダー(?)のマグニフィセント・権三。

「うっひょう!」
「早く触りてえー。」
「行くよ! なつきちゃん。」
いやらしい笑みを浮かべて包囲の輪を縮める雑魚三人組。

「くっ! ちょっと、待ちなさいよ!」

どうして、俺だけ?


「それーーっ!」
3人同時に、なつきに飛び掛る雑魚レスラー達。

「ほーれ、つーかまえた。」
「この肌触り、最高。」
「げほっ! ど、どうーして、俺だけこうなるの?」

さすがのなつきも同時に3人相手ではたまらない。正面のドン・ポーゴは蹴散らしたものの、ZAKO1号、2号に組みつかれてしまう。


意外なテクニシャン?


「よし、行くぜ。」
「OK、相棒。」
ZAKO1号、2号は、河村なつきを引き摺り倒すとグラウンドへ持ち込む。たちまち息の合った攻撃でなつきの体を関節技、絞め技で絡めとる。
ZAKO1号は、右足を踏みつけておいて、左足首へアンクルホールド。
ZAKO2号は、右手を極めておいての三角締めだ


「ぐううっ。ううっ。」
苦悶のうめき声をあげる河村なつき。

「えっ? お前達けっこうやるじゃないか。」
ZAKO1号、2号の意外なテクニシャンぶりに、コーナーの権三もびっくりだ。

危うし、なつき!


「今まで、良くもやってくれたね。それっ、お返しだー。」
「ほっほっほ。そろそろわしもリングへ入って安心かのー。」
動けない相手に、元気百倍のドン・ポーゴとマグニフィセント・権三。
河村なつきの無防備なボディを、ストンピングで踏みまくる。

ドスッ、ドスッ、ドスッ、ドスッ、ドスッ。

「ぐふっ、はぁ、はぁ。4人掛かりなんてひ、卑怯よ!」

ドスッ、ドスッ、ドスッ、ドスッ、ドスッ。

「あうっ。ぐはっ。」

ZAKO2号のがっちり決まった三角締め。本来なら失神していてもおかしくないのだが、右手、左足首の間接の痛みと、ボディへの強烈なストンピングがなつきに失神することさえ許さない。

執拗な四人掛かりの攻撃。なつきの抵抗が徐々に弱まり、うめき声が小さくなって行く。


4人がかりのあまりにも卑怯な攻撃。このまま完全KOされてしまうのか? なつきの大ピンチだ。危うし、C.C.ドールズ。
Aブロック 1回戦 第1試合(2)
やばいよ、ゴンさん。

怒りモードの河村なつきに痛めつけられ、かろうじて自軍のコーナーへ逃げ込んだドン・ポーゴ。

「もう限界、やばいよ。ゴンさん。」
「馬鹿もん! 何を弱気なことを言っておるのじゃ。」
「だって、なつきちゃん強いんだもん。」
「あわてるな。わしには、まだ奥の手がある。」
「えっ、ほんとにー?」
「権三のマル秘大作戦その一。奴ら、毎朝道場で練習するじゃろ。」
「ふんふん、それで?」
練習後に飲むスポーツドリンクに、痺れ薬を混ぜてやったのじゃ。そろそろ効いてくる頃じゃが。」
「さすが、ゴンさん。」
「スペシャル・サービスで、わしの爪の垢もたっぷり入れてやったぞ。」
「えーーっ?」
(何考えてんだ、この親父。)

すみれ、大丈夫?

「さあ、すみれ。止めはツープラトンの新必殺技よ! えっ?」
呼びかけに反応しないパートナーを不審に思い、振り向いたなつきの目に飛び込んできたのは、ロープにぐったりよりかかるすみれの姿。

「どうしたの? すみれ?」
「わ、わからない。急に体から力が抜けて。それに吐き気と目まいが。。」

どうやら権三の爪の垢も、しっかり効果(?)があったらしい。

マル秘作戦その二


「いいわ、すみれは休んでて。こいつらなら、私一人で十分よ。行くわよ。」

「げげっ、なつきちゃんは全然元気じゃん。」
「実は、痺れ薬は一人分しか仕込めなかったのじゃ。」
「それじゃ、ダメじゃ~ん。」
「落ち着け、ドン。今じゃ! マル秘大作戦その二。」
何かの合図なのか、指笛を吹くマグニフィセント・権三。

ピーーーーッ!

4対1

権三の指笛で姿を現したのは、マットの下に潜んでいたZAKO1号とZAKO1号。インディーズ系団体FPWから公式タッグ戦に参戦中の怪奇派レスラータッグだ。

「おおっ、お前たち。来てくれたのか。」
とたんに元気になるドン・ポーゴ。

「おおっ、こりゃまたかわいい娘だなあ。」
「コスチュームもセクシーー! これだからWSMは最高だぜ。」
「うちの”すどめ”と違って、性格も良さそうだし。」
「うんうん、”すどめ”性格きついもんなあ。」
なにやら言いたい放題のZAKO1号とZAKO1号。

「ち、ちょっと、貴方達いったいなんなの?」


痺れ薬の効果と隠し玉のZAKO1号とZAKO1号の登場で、勝利寸前から一転大ピンチのC.C.ドールズ。パートナーのすみれが動けず、実質4対1の状況に追い込まれた河村なつき。果たして勝機はあるのか。負けるな!
Aブロック 1回戦 第1試合(1)
C.C.ドールズ登場

WSM公式タッグトーナメントがいよいよ開幕。マットに登場したのは、河村なつき(左)と立花すみれ(右)のC.C.ドールズ! 第1試合にふさわしいフレッシュコンビだ。

「さあ、いよいよ公式タッグ戦の開幕ね。張り切って行こう、すみれ。」
「OK、なつき。でも、今日のボトムのマイクロビキニ、少し恥ずかしいわ。」
「あいつらが指定したコスチュームね。痛い目見せてやらなきゃ。」

対戦相手のコスチュームを指定できる、このトーナメント。マイクロビキニのボトムを指定してきた相手とは?

エロ親父タッグ

対戦相手はおなじみのエロ親父タッグ。ドン・ポーゴとマグニフィセント・権三だ。

「うっひょう! いつも胸元のセクシーなコスだと思ってたけど、今日はマイクロビキニ履いてるよ、C.C.ドールズ。すっごくセクシ~~。」
「おっほん、あのコスチュームは、わしのリクエストなのじゃ。」
「さすが、ゴンさん。良いセンスしてる~。」

おっぱい触らせて!

先発は河村なつきとドン・ポーゴ。妖しい手つきでなつきに迫るドン。

「うひょひょひょ~。」
「な、なに? そのいやらしい手つきは?」
「以前から、なつきちゃんの胸のコスチュームの隙間から手を突っ込んでみたかったんだよ~。」
「ちょっと、止めなさいよ。」

怒りの一撃!


「C.C.ドールズって、Cカップドールズの略だよね。」
「違います!」
(確かに私は、Cカップだけど、すみれはDカップだし。。)
「わかった! 乳チラの略だ!!」
「ぜえーーーったいに違います!!!」

怒りのハイキックがドンにジャストミート。WSMの中にあっては、やや大人しい性格の河村なつきが珍しく感情を露わにする。

「もう、許さないわ!」


危うし、ドン・ポーゴ。公式タッグ戦、開幕戦で秒殺されてしまうのか?
開幕! WSM公式タッグ戦!
年の初めの勢いで、WSM公式タッグ戦開幕しちゃおうと思います(^o^)。

試合方式
・16チーム参加のトーナメント方式。
・1回戦、2回戦:4チームずつA、B、C、Dブロックに分けて実施。
・準決勝:Aブロック勝者vsBブロック勝者、Cブロック勝者vsDブロック勝者
 まあ、トーナメントなんでブロックに分ける必要も無いんですが、運営の都合上(^^;。
・特別ルール:対戦相手のコスチュームを指定できる(笑)。

それでは、早速試合組合せを発表します。
それにしても、組み合わせとストーリー展開考えるだけでも、楽しいですねえ(^o^)。

【Aブロック】
第一試合
『C.C.ドールズ』河村なつき&立花すみれ VS 
ドン・ポーゴ&マグニフィセント・権三

第二試合
『プリティ・ビースト』ワンダー・バニー&キューティ・タイガー VS
デビル・クラウン&ベン


【Bブロック】
第一試合
パンサー・ミミ&Miss X VS 
ジャイアント・ベヒモス&ナイトメア

第二試合
『エグゼキュティブ・レディース』澤上マリ&エミー南条 VS
タイガー・ノワール&ブラッディ・タイガー


【Cブロック】
第一試合
『ブルー・インパルス』レディ・サンダー&キャサリン・リー VS 
ダークキャット・アイリーン&マイケル

第二試合
『オセロッツ』早乙女はるか&エスメラルダ VS
ララ・ザ・クラッシャー&アブドーラ・ザ・キマイラ


【Dブロック】
第一試合
『ファイティング撫子』セーラー・スカーレット&桔梗 VS 
ZAKO1号&ZAKO2号

第二試合
『レディ・クルセイダース』SAYURI&ジャンヌ・ミラージュ VS
デーモン・レイカ&ジ・エクスキューショナー
タッグチーム紹介(7)
C.C.Dolls

タッグチーム『C.C.ドールズ』
河村なつき(左)と立花すみれ(右)の正規軍所属の若手タッグチーム。

そのルックスからも次世代のスター候補であることは間違いないが、2人とも真面目でややおとなしい性格。そのため個性派ぞろいのWSMでは、レスラーとしての個性をいま一つ打ち出せずにいる。
また実力的にも、豊富な練習に裏付けされたレスリング技術と巧みなコンビプレーには定評はあるものの、へビー級の男子レスラーも参戦するWSMマットにあってはプラスαが欲しい所。
最近は、後輩レスラーであるキューティ・タイガーやセーラー・スカーレット、桔梗らの人気・実力の両面での追い上げも厳しい。セクシーな胸元の新コスチュームで公式タッグ戦で活躍して、なんとか伸び悩みの現状を打破したい。


チーム名の由来は、もちろんC.C.ガールズ(笑)。団体内の位置付けなんかは、野上選手と飯塚選手の親日のかつての名(?)タッグ、J.J.ジャックスを意識してます(^^;。

なつきのベースフィギュアは、Ken1さんのPGMDW04(ファイル名)。
すみれのベースフィギュアは、HirojiiさんのTubasaちゃん。
2人とも美人です(^o^)。お二方ありがとうございます。
公式タッグ戦の試合方式について。
K-1とか総合格闘技ではトーナメント形式が主流ですが、プロレスの世界ではリーグ戦が主流ですよね。WSM公式タッグ戦(16チーム参加)も、最初はリーグ戦を考えてました。そこで問題となるのが試合数の多さ、リーグ戦を一部でもいれちゃうととんでもない数に。トーナメントなら試合数は減らせるのですが、リーグ戦形式にはプロレスならではの醍醐味みたいなものも有って迷ってました。

ん?でも、ちょっと待てよ。最近、トーナメント戦でも盛り上がってるプロレスのタッグ戦見たことある気が。。。

そう、週プレ連載中のキン肉マンです(笑)!

荒唐無稽な設定や一部の超人の造形や技には、「おいおい、それはいくらなんでも」と突っ込みをいれたいことも多いですが。大ファンで、いつもコンビニで立ち読みしてます(^o^)。

ストーリー次第では、トーナメント形式でも十分ドラマチックな演出が可能ですよね。というわけでWSM公式タッグ戦はトーナメント形式でやろうと思います。
出場チーム16チームの内訳は
【ヒール8チーム】
・『デーモン・クロー』枠は新顔のベンを入れて10人なので計5チーム
・ドン・ポーゴ&マグニフィセント権三。
・”ノワール”&”ブラッディ”
・ZAKO1号、2号
で一応決定。
【ベビーフェース8チーム】
・タッグチーム紹介で顔見せした6チーム
・パンサー・ミミ&ミスX
で、残り1チーム

残り1チームを発表して、なんとか早々に公式タッグ戦開幕といきたいです。
明けましておめでとうございます。
謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。
今年も、WSMをよろしくお願いします。

この画像ですが、MayaDollにISOPさんのp4fem用の着物をかなり強引に着せてます(^^;。

【今年の抱負(?)】
昨年を振り返ると、このBlogを中心に女子プロレス物をメインにやってきましたが、最近スーパーヒロイン物にも少し禁断症状が出始めてるので、今年はいろいろ手広くできたら良いなと考えてます。

WSMでは、なんと言っても、ずっと言い続けてる公式タッグ戦を何とか実現したいですねえ(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。