FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aブロック 1回戦 第1試合(4)
ナース・レイカ登場!


「なつき! 今、助けるわ。」
痺れ薬を飲まされ体の自由を奪われながらも、健気にパートナーの救援にリングインする立花すみれ。
「えっ?」
その首に背後から絡みつくのは、ナース姿のデーモン・レイカだ。
「なんだか体調が悪そうだねえ。そんな状態での試合は、ナースとして許すわけにはいかないねえ。ほっほっほ。」

選手としての参加に加えて、WSM公式タッグトーナメントにリング・ドクターならぬリング・ナースとしても参加しているのだ。選手の負傷を応急処置するためと言うのは、もちろん建前(^^;。常時リングサイドに陣取って、自在に試合に乱入してトーナメントの流れを支配する目論みなのだ。

レイカの格闘テクニックは超一流。頚動脈に当てた手首に力を込めると、すみれをあっという間に絞め落とす。
「あうっ!」

油断しちゃダメよ。


「あんた達、油断しちゃだめよ。この娘、リングインして相棒を助けようとしてたわよ。」
「こやつめ、痺れ薬飲ませて動けないと思ってたけど。危ないとこじゃった。」
「これで、流石にあんた達だけも大丈夫ね。後は好きにしなさい。」
「レイカさん、すまんのう。恩に着るぞ。」

失神した立花すみれを後にリングを去るデーモン・レイカ。

すみれの下半身を触りまくれ!


「おおっ、すべすべ、ぷりぷり。まるでゆで卵の様じゃ。マイクロビキニのパンツを穿かせたのは大成功じゃったのう。」
意識のないすみれのお尻を触りまくるマグニフィセント・権三。
「意識の戻らない内に、あそこにも悪戯してやろう。」
すみれの秘部に右手を当てると、すりすりと撫で回し、さらに揉みまくる権三。
「むふふふ、パンツの隙間から指をこじ入れてみようかの。」
グリグリグリ。まさにやりたい放題だ。

ツープラトン・ボー&アロー

一方、なつきに対するZAKO1号、2号の責めも止まることを知らない。
ツープラトンのボー&アローでなつきの背骨を締め上げる。この2人、一人一人は三流レスラーなのだが、連携攻撃だけはなかなか侮れない。
「相棒! もっと力を入れろ!」
「そりゃ、そりゃ! どうだ、苦しいか。」

「うぐうぅっ!」

ギブ・アップ?


「この角度だと、なつきちゃんのコスって本当に無防備だよねえ。」
なつきの胸のコスチュームの内側に手を這わすドン・ポーゴ。
「何? ニプレスしてるの? ええい、とっちゃえ。」
「ち、ちょっと! 何するの?」
「それっ、モミモミモミ。」
「止めて! 触らないで!」
なつきの生乳房を触る興奮のあまり、暴走の止まらないドン。
「おおおおっ! なつきちゃんの生おっぱいサイコーーー! よーーし、乳首をつねっちゃえ!」
「痛い、痛い!」
なんと、なつきの左乳首を、思い切りつねりあげるドン。

ギュッギュッギュッ。ZAKO1号、2号もさらに、その足に力を込める。

「もうダメ。。。ギ、ギブ・アップ。ギブ・アップよ。放して、お願い。」
身体を徹底的に痛めつけられ、さらに観客の前で胸を触られまくる屈辱。心身ともにボロボロにされ、遂に心が折れたのか? 河村なつき。

「えっ、何? 聞こえないねえ。」


ギブ・アップさえ許されない、リング上の一方的な攻撃。戦闘能力を完全に失ったC.C.ドールズに対する、延々と続くセクハラ地獄。もう無理だ。お願いだから、試合を止めてくれ!
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
早ッ!
見に来る度に更新されていて、スゴク嬉しいです。 
(大勢キャラを登場させて、こんなに早く創れるなんて・・・脱帽です[笑]) 
今回のような2人掛りの拘束技は大好きです!
(やっぱりツープラトンはタッグマッチの醍醐味ですね)

PS
レイカ姉さんのコスプレ姿(?)もお気に入りです。
2007/01/15(月) 22:59:24 | URL | sfxman #B7DOTFUA[ 編集]
恐れ入りました!
すみれちゃんは痺れ薬で完全に戦闘不能だと思っていたのに、そんな状態でもなつきを救出に出て行こうとする精神力に感動です。
さらに、そんな健気なすみれちゃんの友情や責任感さえ、5人目の悪役・デーモン・レイカによってあっさり、しかも不自然にならない設定で妨害させるOTTOさまのストーリー展開の妙、恐れ入りました!
ナース姿のデーモン・レイカ、ランブルローズのアナスタシアとオーバーラップしますね(^^

それにしても、実力派のC.C.ドールズがこんなカタチでギブアップに追い込まれるなんて・・・
心身ともに強い女の子が、とうとうギブアップを口にしてしまうほど過酷な責め苦ということ状況、頭の中で妄想を膨らませて、ゾクゾクしてしまいます。
しかも、ギブしているにもかかわらず、まだこの地獄は続くのですね・・・・

いきなりトーナメント第一試合から、濃厚な展開、ありがとうございます。
2007/01/16(火) 00:26:50 | URL | ガラクラー #-[ 編集]
トーナメント第一試合から“大好物”の展開となって非常に嬉しいですね。^^
薬を飲まされながらも、なつきを助けようとする健気なすみれ。そして番付的に勝っていながらも卑劣な手ですみれを妨害するレイカ。
悪乗りする権三やドン君、こういう展開で本領を発揮するZAKO2人。
最低な男達の前で心が折れてしまったなつき。
全てのキャラがその魅力を全開させてますよね。
C.C.ドールズもドン・権三組も次が見たいので迷うところですが、逆にいえばどっちに転んでもオイシイのかな・・・^^
2007/01/17(水) 23:59:35 | URL | zosui #YRpYuNXA[ 編集]
皆さん、亀レスすみません。

>sfxmanさん
>今回のような2人掛りの拘束技は大好きです!
>(やっぱりツープラトンはタッグマッチの醍醐味ですね)
やはり、2人掛かりで拘束しちゃうと、身動きできないって感じになるので好きです(^o^)。また、いろいろ新しい技も考えてみたいです。

>ガラクターさん
>しかも不自然にならない設定で妨害させる
>OTTOさまのストーリー展開の妙、恐れ入りました!
実はレイカの登場はストーリー展開が発散するかもと思って迷ってたので、そう言ってもらえると嬉しいです。もちろん、アナスタシアの影響受けてます(^^;。

>zosuiさん
>悪乗りする権三やドン君、こういう展開で本領を発揮するZAKO2人。
ミミやレディ・サンダーに比べると、やや実力的に劣り、隙もあるC.C.ドールズということで、彼らの絶好の餌食になってもらいました(^^;。彼らにとって、このトーナメント最大の見せ場の一つかも(^^;。


2007/01/26(金) 22:27:16 | URL | OTTO #eWjMpbTU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。