FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bブロック 1回戦 第1試合(2)
キックが効かない?

300kg近い体重の巨体を誇るジャイアント・ベヒモス相手に、距離を取って闘いたいパンサー・ミミ。ビシバシとキックを叩き込んでいく。
が、軸足の左膝を負傷しているため、キックにいつもの威力が無い。
ベヒモスの圧力に押され、じりじりと後退していく。

チョーク・クロー

ロープ際まで追い込まれたミミ。その背後をナイトメアーが襲う。
ミミの頚動脈をチョーク・クローで締め上げる。

「しまった! あうっ、ぐぐ。」

強烈、ボディ・ブロー!

さらに身動きできないパンサー・ミミの無防備なボディに、ベヒモスがボディー・ブローを見舞っていく。

300kg近い筋肉の塊から繰り出されるパンチなのだ。一発一発が必殺技になり得る威力だ。いくらミミが腹筋を鍛えているとはいえ、これはたまらない。文字通り、内臓を押しつぶすような激痛が襲う。

ドスッ、メリメリ。
「うぐっ!」
ドスッ、メリメリ。
「あうっ!」

ミミ悶絶!

ベヒモスに散々、ボディ・ブローを喰らったパンサー・ミミ。
激痛にたまらず腹部を押さえて、リング上で悶絶する。
「げほっ、げほっ。はぁ、はぁ。」

「よし、ベヒモス。今日はお前の怪力を存分にふるってやれ。ベア・ハッグだ。」
「良いのか。ベア・ハッグは禁じ手じゃあねえのか。」
「かまわん。やれっ!」

他のレスラーとあまりにも体格、パワーが違うため、これまでジャイアント・ベヒモスはベア・ハッグを使うことをWSMでは禁じられていたのだ。

死の抱擁!

禁じ手のベア・ハッグを遂に解禁。
人間離れした怪力でパンサー・ミミの背骨を締め上げるジャイアント・ベヒモス。まさに死の抱擁だ。
「あうっ、くう。」
「おらおら、ギブアップしないと背骨が折れちまうぜ。」
「い、いやよ。ぐっ。」
首を激しく振り、悶絶しながらも歯を食いしばり、必死に耐えるミミ。
(倒れた皆のためにも、デーモン・クローにだけは絶対に負けられない。それに、私はチャンピオンなのよ。)

ギュー、ミシミシ。
ミミの背骨がいやな音を立ててきしみ始める。


遂に本領を発揮、その怪力でパンサー・ミミを苦しめるジャイアント・ベヒモス。絶対絶命のミミに果たして、逆転のチャンスはあるのか。負けるなパンサー・ミミ!
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
夜分遅くに御邪魔致します。
アアアアアア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ~~~~~~~~~~~~~~~~!
悪しき『筋肉の塊っジャイアント・
ベビモス』の
禁断の『ベア・ハッグ』が遂に
我等が
『パンサー』が喰らってしまうとは。

そう言えば
『頑張れマリリン』さん
(zousui=おかゆ)処で
大活躍ですね。『龍星王』氏。

御暇な時
メールにて『パンサー・ミミの
足4の字固め』を拝見したい
ですね。
2007/04/09(月) 22:02:57 | URL | 喜多村聡。 #-[ 編集]
負けるな!チャンピオン!!
早速、大ピンチ!
膝を故障しているミミに、この巨漢との2対1試合は辛すぎます。

それにしても、4枚目のシーン、
お腹を押さえ、リングに這いつくばって悶絶しているミミの上で、余裕の会話を交わしているナイトメアーとベヒモスの描写が憎たらしくて、ミミの悲愴な状態が引き立ちますね。

こんな状況から逆転できるのか?ミミ!
負けるな!ミミ!!
2007/04/10(火) 00:07:28 | URL | ガラクター #-[ 編集]
ミミが早くも大ピンチですねえ!!
ヒザに爆弾を抱えてのハンディキャップマッチじゃ無理もないですが、べヒモス君のベアハッグは強烈すぎるんじゃ・・・
ミミがこのまま終わるとは思えませんが、あまりにも過酷なこの状況・・・
本当に反撃のチャンスが来るのか不安になってきました。
2007/04/10(火) 23:53:09 | URL | zosui #YRpYuNXA[ 編集]
bearhug
ベアハッグ最高です。一番好きな技です。(もちろん男→女ですが)もっともっとミミをベアハッグでいじめてあげて下さい。
2007/04/11(水) 03:06:34 | URL | fan #3/2tU3w2[ 編集]
>喜多村さん
>悪しき『筋肉の塊
>禁断の『ベア・ハッグ』
かっこいい表現ですね(^o^)。
好調時のミミなら、捕まることも無かったのでしょうが、2対1の状況と左膝の負傷では、いかんともしがたく、ベア・ハッグを喰らっちゃいました。

>ガラクターさん
>それにしても、4枚目のシーン、
>お腹を押さえ、リングに這いつくばって悶絶しているミミ
ありがとうございます。自分でも、気に入ってる画像なんです(^o^)。
ミミだからこそ、かろうじて耐えられたわけで、他のレスラーなら一発で失神ものなのです。

>zosuiさん
>本当に反撃のチャンスが来るのか不安になってきました。
まあ、一応(笑)当BLOGの主人公なので。このままということは無いはずです(^^;。
プロレス観戦歴の豊富なzosuiさんのことですから、色々予想は付くと思いますが(^^;。

>fanさん
書き込みありがとうございます。
ベア・ハッグはかける方とやられる方に体格差があると、見栄えがしますよね(^o^)。得意技ということにして、今後もベヒモス君の登場時には、描いていきたいです。
2007/04/11(水) 21:04:43 | URL | OTTO #eWjMpbTU[ 編集]
夜中遅くに御今晩わ~っ。
OTTOさんへ。
そんな『格好良い表現』だなんて
かいかぶらないで下さい。
『意図して書き込んだ』訳では
決してないので。
2007/04/11(水) 23:09:56 | URL | 喜多村聡。 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。