FC2ブログ
美女レスラーたちのエッチなピンチシーンを、POSERというCGソフトで描いてます。初めての方はカテゴリー「設定」「レスラー紹介」をご覧いただけると、一層楽しんでもらえると思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
混戦!WSM!(4)
急襲!

「はあっ、はあっ、はあっ。」
(いけない、目まいが。。。)
二日連続の徹夜明けのコンディションで、異常なタフネスさを誇るベン相手に苦戦を強いられる澤上マリ。目まいを感じ、一瞬、隙ができる。

「へっへー、後ろががら空きだぜ!」
息を吹き返したマイケルが後方から急襲! マリの後頭部にチョップを叩き込む。

「しまった!」

ラリアット!

前方に倒れこむマリに、今度は前方からベンがショートレンジのラリアットだ!
「そりゃー!」
「ぐはっ!」

後ろから前から、巨漢二人組に良い様にもてあそばれる澤上マリ!

苦闘! 澤上マリ

「はっはっは。攻守逆転だぜ。」
澤上マリに首に丸太のような腕を巻きつけスリーパーホールドで締め上げるベン。

「ほらほら、ボディががら空きだぜ!」
マイケルはマリのボディにアッパーを打ち込むと拳をそのままねじり上げる。
ドスッ、グリグリ。
「あふっ!」
ドスッ、グリグリ。
「ぐふっ!」
ドスッ、グリグリ。
「あうっ!」
トレーニング不足で最近、腹筋が落ちてるマリにはきつい攻撃だ。

危うし!マリ!

スリーパーホールドに執拗なボディブロー。元々コンディション不良の澤上マリからスタミナを完全に奪い去ったようだ。

「ゲホッ、ゲホッ、はあっ、はあっ、はあっ、はあっ、。」
くっ、もう体が動かない。でも、どうして? こいつらはレスリング技術は二流じゃなかったの? 相手のスタミナを着実に奪う攻撃を仕掛けてくるなんて。)

「ここまでは、予定通りだな。でも、良いのマイケル?この人、社長でしょ? こんなにやっちゃって俺たちのギャラ大丈夫かな?」
「はっはっは、大丈夫! 痛めつけてリング上で辱めるほど、ボーナス査定上がるってオーナーが言ってたぜ!」
「ほっほう、じゃあ遠慮無く社長を甚振れるってわけだ。」
「あれっ?お前Mじゃなっかたの、ベン?」
「俺は、美女に痛めつけられるのも好きだけど、痛めつけるのはもっと好きなんだよ。」
「はっはっは、この変態野郎め。」

二人掛りでマリのスタミナを奪う攻撃もオーナーの指示だったのだ! いったい、どこまで卑劣なんだ! がんばれマリ、卑劣な策略に負けるな!
混戦!WSM!(3)
効いてる?

「さすが社長、効く~。へへへへ。」
笑みを浮かべながら、起き上がるベン。

「さすがに一発でKOは無理だったかしら?じゃあ、これならどう?」

ハイキック

澤上マリのハイキックがベンの顎を的確に捉える。

「ゲホッ、最高ーー!」
何故か、満面の笑顔で倒れるべン。

不死身?

倒されても倒されても、妖しい笑みを浮かべてゾンビのように立ち上がってくるベン。

「はあっ、はあっ、なんてタフなの?その筋肉は見かけだけじゃ無かったって事?」
「俺はねぇ。美人に責められれば責められるほど、何故か力が湧いてくるんだよ。へへへへへ。」
「何こいつ、変態なの?」

美女に責められれば責められるほど元気になるベン。そのタフネスさは、最悪のコンディションの中、早期決着を付けたいマリにとって最悪の相手だ。

がんばれマリ! 変態M男になんか負けるな!
混戦!WSM!(2)
カウンターキック!

「うっひょう、もう辛抱たまらん!」

ほとんど全裸、マイクロビキニ姿の澤上マリに欲情、抱きつこうと左右から突進するマイケル&ベン。

「たあっ!」
まずは、ベンの顎にドンピシャのタイミングでカウンターのキックが炸裂。
「ぐはっ!」

ジャンピング・ニー!

さらに、振り向きざまにマイケルの顎にジャンピング・ニーアタックをクリーンヒットさせるマリ!

巨漢男子レスラー二人を同時に相手にするのだ。自らの最悪のコンディションも考えると打撃技での短期戦に持ち込むしかない。だが、かつてはWSMのエースレスラーだった澤上マリ、流石に抜群の技の切れだ! あっという間に二人を叩き伏せた。

強いぞマリ! このまま秒殺で試合終了か?
混戦!WSM!(1)
マイクロビキニ

WSM社長兼現役レスラーの澤上マリ。
選手たちをかばうため普段から衝突することの多い上、セクハラを毅然と拒絶したため、助平オーナー(OTTO)から逆恨みを買っている。

オーナーの命令で、連日エッチなコスチュームでの試合を強要されているマリ(WSMでは月一ビキニデーがあるが、マリは毎日!)。今日のコスチュームはマイクロ・ビキニだ。
(くっ、何この水着。ほとんど裸じゃないの。助平オーナーめ、観客の前で私に恥をかかせようって魂胆ね。だけど、選手たちのためにも、これくらいで負けたりしないわよ。)

しみ一つ無い美しい肌と完璧なプロポーション。さらに決意を秘めた凛とした表情、まさにリングに降り立った女神の姿に、息を呑む観衆。

2対1

今日の相手は『デーモン・クロー』のマイケル&ベン(こちらは新顔)の巨漢二人組だ。

「へへへへ、社長。今日も凄い格好じゃないですか。もしかして露出狂?」
「くっ、オーナーの指示だって知ってるくせに。」
「さあ、どうだかねえ。へへへ。」
「あなた達、どちらか一人は早くコーナーへ下がりなさいよ!」
「それはできませんね、社長。2対1で痛めつけろってのがオーナー指示なんでね。それより、少し顔色が悪いんじゃありませんか。」
「何、言ってるの?」

ただでさえ忙しい社長業との兼務。オーナーの命令で、ここの所、ほとんど不眠不休でデスクワークも強要されているのだ。今日も二日連続の徹夜明けだ。

澤上マリを追い詰める二重三重のオーナーのいやがらせ。

がんばれマリ! WSMの全ては君の肩にかかってるんだ。助平オーナーのいやがらせなんかに屈しちゃだめだ!
屈辱のコスチューム
ほとんど全裸(^^;

女子レスラーのコスチュームを最終的に決めてるのは、助平オーナーOTTO。いったいどんなエッチなコスチュームを着せられるのか? 選手たちが特に戦々恐々とするのはビキニ着用の試合を義務付けられた月一回のビキニ・デー。

今月のビキニ・デー。WSM社長兼現役レスラーの澤上マリがオーナーに強要されたのは、水着と言うより局部を覆う極小の布切れだった! 選手たちをかばうため、普段からオーナーと衝突することの多いマリへのいやがらせだ。

「社長、一応ルールですから、ボディチェックさせてもらいますよ。うへへ。」
(うっひょう! ほとんど裸じゃん! たまんねえな。)

「馬鹿言ってんじゃないわよ! これのどこに凶器が隠せるって言うのよ!」
いつもの冷静沈着さを失い、レフリー四郎をどなりつけるマリ。
(くっ、オーナーの腹いせね。動くと取れそうなんだけど、こんなんで試合できるのかしら?)

最近また、Mayadoll用の有料の衣装をいくつか買ったので。早速、そのうち一番エッチな奴をマリに着せてみました(^o^)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。